知らなきゃ損するランタンの選び方の3つのポイント

ジョージ君
ゴリラ先生!
夜のキャンプ場って真っ暗になるから僕もランタンが欲しいんだけど、色々種類があって何を選べばいいかわからないんだ・・・
どんなランタンがいいか教えてよ!
ゴリラ先生
おお!
ジョージ君もランタンに興味を持ちだしたか♪
ランタンを選ぶときはには3つのポイントがあるから説明していくね!

キャンプの必需品ランタン。
キャンプ場で唯一の灯りのランタンは安価なものから高価なものまで様々販売されています。
ランタンを選ぶときに気を付ける3つのポイントを押さえてあなたのキャンプライフを快適なものにしてください♪

ランタンを選ぶときに気を付ける3つのポイント

ランタンは大きく分けて3つの種類(燃料)があります。
更に、一般的にキャンプで必要なランタンの数は3つ必要と言われています。
それはランタンの使用用途によって3つのポジションがあるからです。
最適なランタンを選びましょう♪
ランタンを選ぶときに気を付けるポイントは

  1. ランタンの種類(燃料)
  2. ランタンのポジション(使用用途)
  3. デザイン

の3つがあります。
それではひとつずつ見ていきましょう♪

ランタンの種類(燃料)

ランタンの種類には大きく分けると4つの種類があります。

  1. LEDランタン
  2. ガスランタン
  3. ガソリンランタン
  4. オイルランタン

の4種類です。
同じランタンでも使い勝手が全く違います。
それではそれぞれの特徴を見ていきましょう♪

LEDランタン

近年人気No.1がLEDランタンです♪
キャンプ初心者~ベテランキャンパーまでキャンプに行くときに必ず1つは持っていきたいランタンです!
乾電池式なので使い勝手がいいです。
ベテランキャンパーもが必ずLEDランタンを使うのには理由があります。

それは・・・
唯一テント内でも使えるランタンだからです!
ガスランタンやガソリンランタンなどは、テント内で使用する場合火事や一酸化炭素中毒の危険性があります。
そのような事を心配する必要がなく気軽にテント内で使用できることが1番の理由です。

さらに、ガスやガソリンランタンに比べ使用時間が長い事も特徴です。
LEDランタンは100均などに売られている乾電池でも、最大光量で使用しても15時間以上は点灯します。
燃料のコスト面を考えてもとても魅力的です♪
ランタンそのものの価格もガス・ガソリンランタンなどに比べると安価で購入できるものが多いです。

更に、LEDランタンは様々なデザインや種類が販売されています。
乾電池を使わずに太陽光で充電できるランタンや、分割で使用できるランタン、変形させて懐中電灯のようにしようできたりと様々です。
本物の炎のように光が揺らぐものだったり、光の色が変えられるものなどもあります。

しかし、LEDランタンにも欠点があります・・・
ガス・ガソリンランタンに比べ光量が小さいのです。
メインランタンとしては若干暗いですが、テーブル上を照らしたり、テント内の灯りには問題ありません♪

LEDランタンは震災など緊急時にも使用できますので、1つは購入する事をおすすめします♪

 

ガスランタン

ガスを燃料としてマントルと言う布を燃やして灯りをともします。
使用中は本体が熱くなるので注意が必要です。

ガスランタンはLEDランタンに比べ光量が大きいのが特徴です。
火を使うため、一酸化中毒や火事の危険がある為テント内での使用はできません。
テーブルの上をお洒落にしてくれたり、テントサイトを明るく照らしてくれるランタンです!

キャンプ中、ストーブやバーナーをガスに統一する事により他のキャンプ道具と併用して燃料を1つに絞ることができる為荷物を減らすことができます♪
家庭用カセットコンロ用のガス缶を使用できるモデルもある為、燃料代も節約できます。
また、カセットコンロ用のガス缶からキャンプ用のガス管に詰め替える器具も販売されています。

1番の魅力は自然の炎の揺らぎではないでしょうか?
LEDランタンにはない魅力です♪

ガスランタン本体の価格もそれほど高くなく1万円以下でも十分使えるガスランタンを購入する事ができます♪

ガスランタンの欠点としては、燃焼時間が短いという点です。
ランタンによって燃焼時間は異なりますが、平均5時間ほどです。
長時間使用する場合予備のガス缶を用意する必要があります。

もう一つの欠点が、気温が低い時に使用するとガス缶が冷えているため光量が小さくなってしまう事です。
冬用のガス缶も販売されていますが、冬キャンプには不向きです。

しかし初心者キャンパーは春~秋にキャンプする事が多いと思いますので、
ガスランタンを選んでも問題ありません♪

LEDランタンではなくお洒落で光量の大きい本格的なランタンが欲しいと言う方にはおすすめです♪

ガソリンランタン

ガソリンランタンはガソリン又は灯油を燃料とし、ガスランタン同様マントルを燃やし灯りをともします。
LEDランタンやガスランタンよりも光量が大きいのが特徴です。
火を使うため、火事や一酸化炭素中毒の危険がある為テント内では使用できませんが、
テントサイトを明るく快適に過ごすために十分な明かりを手に入れることができます♪

ガソリンランタンは使用する時にポンピングと言う作業があります。
空気とを燃料タンクに送り込み、ガソリンを気化する必要があります。
それによって安定した光を保つことができます。
ガスランタンは燃料が少なくなると光量が落ちてしまいますが、ガソリンランタンはポンピングを行う事で光量を安定させることができます。

ポンピングは最初40回以上行わないといけない為初心者には手間と感じる点が欠点です。
しかし、ベテランキャンパーはこのひと手間に愛着を覚え愛用する人も多いです♪

燃焼時間は、燃料タンクの容量にもよりますが、ガスランタンに比べ長時間使用できるものが多く、10時間前後使用できます。
1泊のキャンプであれば途中で燃料を追加することなく使用できますので、燃料コストを抑えることができます。

また、寒さにも強いため極寒の中の冬キャンプなどに最適です♪
冬キャンプに挑戦する予定がある場合はガソリンランタンがおすすめです!

最大の欠点としてはガソリンランタンは本体価格が高額なものが多いです・・・
初心者には少々手が出しづらいかもしれません。

長期的に使用するためには使用後のメンテナンスも必要な為、初心者が最初に購入するランタンとしてはおすすめできませんが、キャンプに慣れてきて本格的なキャンプを楽しみたい方はおすすめです!
周りのキャンパーからの憧れのまなざしを受けてください♪

オイルランタン(アルコール)

オイルランタンの歴史はとても長く、何百年も前から人々の暮らしの中に深く関わってきました。
静かに灯る炎を眺めているだけで心が落ち着きます♪
オイルランタンには人の心を癒す力があります!

オイルランタンには、アンティークなデザイン等様々あるので、コレクションとしても需要があります!
キャンプの夜にどんなランタンを灯すかで雰囲気が大きく変わります♪

光量は少ない為、どちらかと言うとサブ的な役割になりますが、手元を照らしたり、テーブル上の雰囲気づくりに最適です!

キャンプの夜にどんなランタンを灯すかで雰囲気がガラっと変わります!
雰囲気づくりにオイルランタンはおすすめです♪

それぞれのランタンのメリット・デメリット

メリット デメリット
LEDランタン
  • テント内で使用できる
  • 点灯時間が長い
  • 安価
  • 種類が豊富
  • 光量が小さい
ガスランタン
  • 光量が大きい
  • 価格抑えめ
  • テント内で使用できない
  • 燃焼時間が短い
  • 寒さに弱い
ガソリンランタン
  • 光量が最も大きい
  • 寒さに強い
  • 燃焼時間が長い
  • テント内で使用できない
  • 高価
  • ポンピングに手間がかかる
  • メンテナンスが必要
オイルランタン
  • お洒落
  • 光量が小さい

 

ランタンの種類は以上です!
続いてランタンをいつ、どこで使用するものなのかを考える必要があります♪

ランタンのポジション

ランタンは3つの使用する場所があります。
それぞれに適したランタンがあると快適なキャンプを楽しむことができます♪

メインランタン

キャンプサイト全体を照らす目的のメインランタンです。
ランタンポールやタープのポールに吊り下げて高い位置に配置しキャンプサイト全体を明るく照らしてくれます。

メインランタンには光量の大きい「ガソリンランタン」や「ガスランタン」がおすすめです♪
キャンプ中主力となるランタンの為、燃焼時間が長いものを選びましょう!

最近ではLEDランタンでも光量の大きい物も販売されているためLEDランタンも適しています。
安全面や、1つのランタンでテント内でも使用できるためLEDランタンを選ぶキャンパーも増えています♪

メインランタンの明るさの数値の基準としては200W前後のランタンを選ぶと快適なキャンプ生活を送ることができます!

又、2台のランタンを挟むように使用すると手元の影ができづらく、調理や色々な作業が快適に行う事ができます♪

テーブルランタン

テーブルに配置して料理などのテーブル上の物を照らすのがテーブルランタンです。
「ガスランタン」や「オイルランタン」がおすすめです♪
キャンプ中1番長く滞在している場所の為気に入ったものを選びましょう!

光量の大きいものを1つ配置したり、小型のオイルランタンを複数配置したりと最も夜のキャンプの雰囲気をしてくれます。
自分好みにカスタマイズして最高のキャンプ生活をおくりましょう♪

テーブルランタンは光量が大きいものを選ぶと虫がよってきてしまうため、メインランタンより光量の小さいものを選ぶと虫がよってきづらいです。
光量としては50~150W程度のものを選びましょう♪

テント内ランタン

テント内のランタンはテント内を十分な明るさを確保するための物です。
LEDランタン1択です。
ガスやガソリンランタンを使用すると、家事や一酸化炭素中毒の危険がある為絶対に使用しないでください。

LEDランタンは種類が豊富な為、テントの色やテント内の雰囲気に合わせたものを選びましょう♪
明るすぎても目が疲れてしまうため、目に優しい光量の物を選びましょう!

ポイント
初心者キャンパーは最初からいくつもランタンを購入する事が負担になる為、使い勝手のいい光量の大きめのLEDランタンを購入する事をおすすめします♪

ランタンのデザイン

最近ランタンは様々なデザインのものが販売されています。

テント・タープ・チェアー・テーブルなど、全体のバランスを考えたデザインのランタンを選びましょう。
あなた色のキャンプサイトを作り上げてください♪

知らなきゃ損するキャンプ道具をAmazonでお得に購入する方法

Amazonでキャンプ道具を購入している方ちょっと待って!

Amazonでお得にキャンプ道具を購入する方法があるんです♪

こちらの記事をご覧ください

↓ ↓ ↓

知らなきゃ損するキャンプ道具をAmazonでお得に購入する方法

2018.11.01

みんなにも教えてあげる♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です