【初心者必見】冬キャンプの6つの魅力と10の注意点

アイキャッチ出典:ふもとっぱら

ジョージ君
ゴリラ先生!

冬にもキャンプできるって聞いたんだけど僕にもできるかな?

冬キャンプって何がいいの?

でも冬キャンプって不安なんだよね・・・

どんなことに注意すればいいの?

ゴリラ先生
お!!

今年はジョージ君も冬キャンプデビューか♪

冬のキャンプはしっかり準備していかないと危険だからちゃんと準備してから行こうね!

それじゃあ冬キャンプの魅力と注意点について説明するね♪

冬キャンプの魅力①綺麗な星空と景色

冬は他の季節に比べ湿度が低くなり、空気が澄んでいます。

その為、星空や景色を他の季節より綺麗に見せてくれます♪

冬の星空を眺めながらほっとウィスキーやホットワイン、ホットコーヒーをゆっくり飲みながら贅沢な時間を過ごすことができます!

冬キャンプの魅力②冬しかできないアクティビティ

出典:DOD

  • スキー
  • スノーボード
  • 雪遊び

など冬にしかできないアクティビティを一緒に楽しむことができます♪

キャンプとスノーボードを一緒に楽しむことができるなんて一石二鳥ですね!

またテントサイトに雪だるまなどを作ったらインスタ映え間違いありません♪

冬キャンプの魅力③焚火

出典:DOD

焚火の揺らめく炎を見ているだけで癒やされますが、

冬のキャンプでは炎を見て癒やされるだけでなく、

身体の芯まで暖めてくれ火のありがたみを感じることができます♪

さらに仲間と一緒に周りを囲ってのんびりと過ごす事により心をも暖めてくれます!

夏の焚火のように暑くないので長時間焚火を楽しむことができるのも魅力です♪

冬キャンプの魅力④虫が少ない

虫嫌いでキャンプに抵抗のある方も少なくないのではないでしょうか?

夏のキャンプは虫との戦いになりますが、

冬のキャンプでは虫はほとんどいません。

夜にランタンの光に集まってくる虫もいないため、虫嫌いな方でも快適なキャンプライフが過ごせます♪

冬キャンプの魅力⑤人が少ない

出典:ふもとっぱら

キャンプシーズンだとたくさんの人がいて騒がしかったり、

フリーサイトにぎゅうぎゅうにテントが貼られていたりと混雑していますが、

冬のキャンプ人口はやはり少ないため静かでゆったりとした時間が過ごせます♪

若者たちの騒ぎ声もなく自然をゆっくりと堪能できるのが魅力です!

冬キャンプの魅力⑥薪ストーブ

出典:DOD

自宅で暖炉や薪ストーブのある方は魅力と感じないでしょうが、

大半の方が薪ストーブが自宅にあることなんてありません。

少し手間ではありますが薪ストーブの炎のゆらぎと遠赤外線で、心も身体も暖めてくれます♪

冬キャンプの注意点

冬のキャンプは他の季節と違い怪我だけではなく命にかかわることもあります。

しっかりと事前準備をして安心・安全な冬キャンプを楽しみましょう♪

冬キャンプの注意点①一酸化炭素中毒

冬キャンプでは薪ストーブや石油ストーブ、ガスストーブなどを使う事が多いのですが、

誤った使い方による事故が多発しています。

テント内では火気厳禁ですが、どうしても冬キャンプでは暖房のために使用します。

ベンチレーションを開けしっかりと換気をし、

警報機を併用するなどをして一酸化炭素中毒対策に気をつけましょう!

冬キャンプの注意点②火の取扱

薪ストーブや焚火台などを使用すると思いますが、

芝生サイトや直火禁止のキャンプ場などもあります。

地面へダメージを考慮し薪ストーブは脚の長いタイプのものを選んだり、

下にブロックなどを置き、直接地面に触れないようにしましょう。

また寒いので焚火に近づいてしまいがちですが、

火の粉などにより衣服が燃えてしまったりテントやタープに燃え移らないように注意しましょう!

冬キャンプの注意点③燃料

冬のキャンプでは他の季節では当たり前に使えていたライターやガス缶などが使えなくなってしまうことがあります。

ライターは事前にポケットなどに入れておき温めて置くと火が付きやすくなります!

またガス缶も寒冷地用のものを使用することをおすすめします♪

冬キャンプの注意点④水の準備

冬場になると凍結により水道が使えなくなってしまうキャンプ場もあります。

ミネラルウォーターを他の季節より多めに持って行きましょう♪

暖房器具や焚火により喉も乾燥するためこまめな水分補給もしましょう!

冬キャンプの注意点⑤道路の凍結

キャンプ場内での話ではありませんが、

山間のキャンプ場に行く際や高速道路など往復の道路の凍結に気をつけましょう!

せっかくの楽しいキャンプが交通事故で楽しめなかったなどないようにしてください。

チェーンやスタッドレスタイヤの準備があると安心です♪

冬キャンプの注意点⑥テントの凍結

冬キャンプは雪が降る場合もあります。

朝起きたらテントが雪まみれになってしまうことも珍しくありません。

ファスナーが凍って開けれなくなったり、

ポールのショックコードが切れてしまったりと危険が伴います。

凍結対策は防水スプレーが有効なので、

普段から定期的にテントやタープに防水スプレーをし手入れをしておきましょう♪

防水スプレーをすることにより汚れ防止にもなりますので一石二鳥です!!

ファスナー部分などの細かいところもしっかり防水スプレーをしましょう♪

冬キャンプの注意点⑦雪の上での設営

他の季節の設営とは少し変わってきます。

雪の上の設営では、テント内で過ごしている間にテント内の熱によって下の雪が溶け、ペグやロープが緩んでしまうことがあります。

最悪の場合、ペグが緩んだ状態に強風がふきテントが崩壊なんてことも・・・

設営前に、しっかりと周りを踏み固め、就寝エリアは雪を高めに集め雪が溶けることを考慮して設営しましょう♪

スコップや雪用ペグがあると安心です!

また夜の間に雪が降り、

タープに積もって崩壊なんてこともあります。

天気予報をよくチェックしておきましょう♪

冬キャンプの注意点⑧結露対策

結露によりシュラフの保温機能が下がってしまったり、

テント内が結露でビショビショになってしまい風邪をひいてしまったりします。

テントの内外の激しい場合テント内が結露しやすくなりますので、

ベンチレーションを開けるなどをし通気性を良くしておきましょう♪

テント表面の結露をとるためにワイパーなどがあると便利です!

冬キャンプの注意点⑨防寒対策

冬のキャンプはやはり寒さとの戦いになります。

しっかりと防寒対策をし凍傷などにも気をつけましょう!

冬キャンプの注意点⑩シュラフ選び

春〜秋の3シーズン用のシュラフではなく、冬用のマイナス対応のシュラフを用意しましょう!

快適な睡眠ができないと次の日の運転や楽しいキャンプに支障をきたしてしまいます。

マミー型シュラフがおすすめです♪

コットや湯たんぽホッカイロなどがあるとさらに快適な睡眠ができます!

ゴリラ先生
どうかな?

冬のキャンプは注意することをちゃんと守ればとても魅力的なんだよ♪

静かに綺麗な星空を眺めるなんてとても贅沢だよね!

ジョージ君もしっかりと準備をして安全に冬キャンプを楽しんでね!

知らなきゃ損するキャンプ道具をAmazonでお得に購入する方法

Amazonでキャンプ道具を購入している方ちょっと待って!

Amazonでお得にキャンプ道具を購入する方法があるんです♪

こちらの記事をご覧ください

↓ ↓ ↓

知らなきゃ損するキャンプ道具をAmazonでお得に購入する方法

2018.11.01

みんなにも教えてあげる♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です